【見どころ満載!】日帰りで行ける猿島の観光プラン

eye-catch

今回は初めて行った猿島について紹介したいと思います。

この記事を読んで猿島に足を運んでいただけたらうれしいです!

前回の犬吠埼灯台の観光記事を読まれていない方はこちらから見てみてください!

アクセス

train 2

今回は電車で行く方法をお伝えします。

三笠ターミナルまでどうやって行くの?

train 3

猿島へは三笠ターミナルから出る船に乗っていきます。ターミナルに行くには京急線の横須賀中央駅から船乗り場まで15分ほど歩かなければなりません。

駅からの道のりは写真付きでこちらのサイトから見れますので、ぜひチェックしてみてください!

train
横須賀中央駅のホームから見えるトンネル
train 1
コカ・コーラコーナー

普段トンネルやコカ・コーラコーナーを見ない私にとってはレア度が高めでした。

いざ乗船!

ticket 1
案内所 
ticket 3
猿島公園行きチケット

三笠ターミナルに到着したら案内所でチケットを買いましょう!

注意しなければいけないのは船の乗船時間です。行きの船は1時間おきにしか来ません。また帰りの船は16時代の時間はなく、最終が17時なので余裕を持っての乗船を心がけることをお勧めします。こちらから時刻表をチェックしてみてください!

えりか

お友達との待ち合わせ時間を決めるときに、乗船時間も合わせて決めておくとベスト!

猿島の冒険の始まり

ticket 2
三笠ターミナル
sea 1
三笠ターミナルから乗船

三笠ターミナルから猿島までは10分で着きます。

体感時間としては5分くらいでした。ターミナルを発車したら、目の前に見える緑に覆われている島が猿島なので、ぜひ探してみてください!船の中の客席からも見ることができました。

sea 4

到着したら橋に降りて、そのまま橋の道順に沿って海の景色や猿島に広がる自然を楽しみながら、砂浜近くにあるレストラン方面へ向かいましょう。

sarushima 1
無人島 猿島
sarushima 2
猿島入り口
ひろき

空を見上げるとが飛んでいるよ!

猿島グルメってなにがあるの?

food 4
猿島オーシャンズキッチン入り口

猿島にはテイクアウトレストラン「猿島オーシャンズキッチン」があります。

food 2
フードメニュー
food 3
店内ショーケース

猿島名物の猿島揚げよこすか海軍カレーを食べることができます。猿島のご当地ビールの猿島ビール横須賀ビールなどのお酒も各種取り揃えています。

またお買い上げしたものは上のテラス席へ運んで食べれます。海風を感じながら食べるのもいいですよね。席数も余裕があるので、安心して利用できます。

sarushima 5
二階 テラス席
food 1
猿島揚げ
えりか

この猿島揚げすごくおいしかった!

島周回ツアーに参加して歴史を学ぼう!

welcome center
猿島ウェルカムセンター

テラス席の横には「猿島ウェルカムセンター」があります。ここでは「無人島・猿島探検ツアー」(30分)に600円で参加することができます。

島のおすすめスポットを、猿島を知り尽くした「TOKYO BAY Navigator(TBN)」スタッフが案内してくれます。

tour 1
ツアーのスタート!
tour 9
要塞の切通し
tour 3
兵舎
tour 4
弾薬庫
tour 6
愛のトンネル
tour 10
レンガの建造物
tour 8
砲台跡

実際に使用されていた兵舎、弾薬庫の見学(中には入れません)やトンネル、レンガの建造物を見ることができます。

ひろき

ツアーに参加するとマグネットがもらえるよ!

愛のトンネル

tour 11
愛のトンネルの入口
tour 12
トンネル内部の様子
tour 13
トンネルの出口付近

「愛のトンネル」は全長90m、幅4mのレンガ造りのトンネルです。

「愛のトンネル」と呼ばれるようになったきっかけは、中が暗いので、みんなが怖い怖い言いながら手を繋いで歩いていたからだそうです。

最初は平坦な道ですが、奥に歩いて行くと途中から傾斜になります。これは入り口から入ってきた敵に姿が見えないような構造となっているためだそうです。

えりか

寝っ転がれば入り口からは見えないみたい!

展望台広場

view 2
展望台広場

ツアー後に山の階段を登って行くと展望台広場に到着します。島の中央に位置するこの場所からの横須賀湾の景色はとても綺麗です。

view 1
展望台

展望台は残念ながら老朽化のため入れませんが、「仮面ライダー」の撮影に使われた場所だそうです。

ランドマークタワーベイブリッジが見えるのでぜひ目を凝らして探してみてください!

view 3
展望台からの景色

ツアー後は多目的ホールへ

hall
多目的ホール内部

ツアーが終わったら、ぜひ一度多目的ホールに足を運んでみましょう!

多目的ホールには砲台跡の写真付き説明や各時代の建造物のレンガの展示からレンガの形状や積み方の詳しい情報を得ることができます!

またホールにはテーブルと椅子が多く設置されているので、乗船までの待機場所としても使用できます。時間が余ってしまっている場合は、ホールでツアーの振り返りをしながら休憩するのもいいと思います!

猿島で遊びましょう!

beach
海の周辺

猿島ではアウトドア体験をすることができます。
ここではいくつか紹介していきます。

バーベキュー

バーベキュースポットとして人気な猿島ならではのイベントです。レストラン横にあるレンタルショップで必要な機材は借りることができます
炭やコンロ、着火剤、ガスバーナーはなどは持ち込み不可

食材は予約して現地で受け取りもしくは持ち込みもできます。「住よし」では事前予約で新鮮な食材を楽しむことができる食材セットを9種類ほど提供していますので、チェックしてみてください!

バーベキューの予約は当日も可能ですが、利用できるかどうかは当日の混雑状況によります実施したい場合は、希望日の1ヶ月前にインターネットのみで受付しましょう。

料金

大人:200円
小中学生:100円(幼児無料)

ひろき

私が行った時は強風で翌日のバーベキューが中止になっていたので、こまめに情報を確認しておく必要がありそう!

釣り

猿島は釣りも人気なので、釣りを楽しみたい!という方におすすめです。
竿は持ち込み可で、もちろん持っていないという場合はレンタルすることができます。

釣りをできるスポットは、限られているのでしっかりと掲示されている釣りスポットを確認してから出発しましょう。
遊泳区域での釣りや、貝類などの採取は禁止

えりか

運が良ければ根魚(カサゴ・アイナメ・クジメ・ギンポ)などを釣ることができる!

知っておくと便利なこと

ここでは知っておいた方がいいことをご紹介します。

支払い方法

猿島ではツアーを行なっているウェルカムセンターやオーシャンズレストランを利用しましたが、両方現金のみだったので、事前に現金を用意しておくようにしましょう。

お手洗いについて

お手洗いは歓迎センター横の一箇所のみとなります。ツアー前に利用しておくといいでしょう。

水について

お手洗いの水道や海水浴後の水洗い場は全て雨水を使用しているので飲むことはできません。水はペットポトルなどを持ち込むようにしましょう。

船の乗船について

船の目標時間まで並んでいても、乗船定員の関係で乗れない可能性があります。早めに乗船列に並んでおくようにしましょう。また臨時便は何度か出港されましたので、アナウンスをよく聞くようにしましょう。

さいごに

boat 1
猿島の出口

今回は猿島について紹介しました。猿島は乗船時間が10分で行けるアクセスの良さ、また無人島ならではの自然を肌で感じることができるのでおすすめです!

boat 2
船の外観

歴史の勉強以外にも遊びも楽しめるので、島の冒険を体験してみたい方はぜひ行ってみてください!

えりか&ひろき

猿島で最高の体験をしよう!

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

夜好き
社会人カップルブロガーの、えりか(24才)とひろき(23才)です。 20代の目線で、ジャンル問わず、漫画・小説の書評、地域情報、アメリカに滞在した経験、英語学習、IT関係(AWS,Pythonなど)の勉強方法、iPhoneの操作など...、私たちの実体験をお伝えしていきます。