【体験談あり!】一人暮らしの引越し初期費用はいくら?徹底解説!!

【体験談あり!】一人暮らしの引越し初期費用はいくら?徹底解説!!

初めての一人暮らしで、やっぱり気になるのは費用ですよね。

失敗しないためには、引越しにかかる費用を知っておくことが大切です。

そこで今回は、私たちが初めての一人暮らしで実際にかかった初期費用を紹介しながら、理解を深めていきましょう。

なお今回は、引越し業者費用や家電費用などは除いた、契約時に支払う費用のみを解説していきます。

内見時の持ち物について解説した記事もあるので気になる方は是非ご覧ください!

naiken-belongings-eyecatch

結論

初期費用の総額はおよそ「家賃の4~5倍」です。

家賃は、手取り額の3割以下に抑えることが理想です。

ひろき

手取り額とは給料から税金や保険などを引いた、実際にもらえる額だよ!

えりか

手取り額の目安は、給料に0.8をかけた額だよ!

それでは、私たちの初めての引っ越しの初期費用を見てみましょう。

ひろきの場合

ひろき

初めての引っ越しで何もわからず、初期費用の値引き交渉ができなかった。。不動産屋さんに言われた通りの契約内容この金額になったよ!

  金額
前家賃(共益費含む) 55,000円
契約月の日割り家賃(共益費含む) 15,967円
敷金 53,000円
礼金 53,000円
賃貸保証料 27,500円
仲介手数料 58,300円
24時間サポート 16,500円
鍵交換費 2,200円
火災保険 15,000円
総額 296,467円

初期費用は約30万円かかり、総額は家賃の約5倍になりました。

えりかの場合

えりか

私も値引き交渉せずに、言われた通りに契約してこの金額になったよ。

  金額
前家賃(共益費含む) 74,912円
契約月の日割り家賃(共益費含む) 9,665円
敷金 なし
礼金 70,000円
賃貸保証料 22,000円
仲介手数料 77,000円
クリーニング費 40,000円
鍵交換費 なし
火災保険 18,000円
総額 311,577円

初期費用は約31万円かかり、総額は家賃の約4倍になりました。

初期費用の内容をさらに詳しく解説!

ここからは初期費用の内容を解説していきます。

解説する項目は

  • 前家賃
  • 契約月の日割り家賃
  • 敷金
  • 礼金
  • 賃貸保証金
  • 仲介手数料
  • 24時間サポート

です!

前家賃

前家賃の”前”って何だよ!って思いますよね。

前家賃は入居した次の月の家賃のことです。

そもそも家賃は次の月の家賃を払っています。例えば、8月末に払う家賃は9月分の家賃です。

before-rent-description

このように、入居した次の月の家賃を”前”家賃と呼んでいるのです。

えりか

本当だったら、7月末に払う8月分の家賃を入居日に支払っているのね!

契約月の日割り家賃

はじめて日割り家賃と聞いても、すぐにイメージが浮かばないと思います。

日割り家賃とは、入居日からその月末までの家賃のことです。

ひろき

例えば僕の場合、家賃55,000円で7月23日に入居したんだけど、日割り家賃はいくらになるの?

この場合、まず1日の家賃を計算すると

55,000円 (1ヶ月の家賃)÷ 31日 (7月の日数)= 約1,774円

7月の残りの日数は9日なので

1,774円 (1日の家賃)× 9日 (残りの日数)= 15,967円

この費用を『日割り家賃』として支払うことになります。

敷金

もし部屋を汚してしまったりした場合、直す必要がありますよね。

その修繕に充てるための費用を事前に大家さんが預かります。

これを『敷金』と呼びます。

えりか

部屋を綺麗な状態で大家さんに返せば、全額返ってくる場合もあるよ!

礼金

大家さんに『この家に住まわせてくれてありがとう!』と感謝の意味でお支払いする費用のことです。

この費用はお礼の気持ちなので、返金はありません。

 賃貸保証金

連帯保証人がいない場合に、保証人と同じ役割をしてくれる保証会社に支払う料金です。

もし、家賃を滞納してしまったら、保証会社が立て替えて大家さんに家賃を支払ってくれます。

仲介手数料

お部屋探しをする時に、不動産屋さんで部屋を紹介してもらうケースがありますよね。

希望したお部屋を実際に内見して契約することになった時、物件の紹介~契約までの取引を調整してくれた不動産屋さんへ事務手数料を支払う必要があります。

この時に支払う料金が『仲介手数料』です。

ひろき

支払いは、契約締結時に振り込みで行う場合が多いよ!

24時間サポート

名前は様々ありますが、どの会社のサービスを利用しても、主に鍵トラブル、水回りトラブルといった緊急性の高いトラブル対応を24時間行ってくれます。

このトラブル対応サービスが24時間サポートです。

ひろき

24時間サポートの料金は、契約時に1年間分まとめて支払うことが多いよ。

えりか

こういったサービスはオプションとして最初からつけられていることが多いから、もし不要だと感じたら、契約前に不動産屋さんに相談してもいいかもね!

まとめ

今回は引っ越しの初期費用について解説しました!

私たちの体験を見てもわかる通り、初期費用は「家賃の4~5倍になることがわかりました。

初めての引っ越しでわからないことも多いと思いますが、この記事が少しでも参考になれば、うれしいです!

えりか&ひろき

事前にしっかり調べて、後悔のない引越しを目指そう!!

内見での持ち物についての記事もあるのでぜひご覧ください!

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA